差別的だが払っておくべき年金の詳細について

女性保険の無料相談室 【医療保険・生命保険の加入は必要?】

トップページ > 差別的だが払っておくべき年金
差別的だが払っておくべき年金

"年金の1階部分が国民年金、2階部分が厚生年金となっています。自営業、フリーター、農業は国民年金のみで、会社員は厚生年金に加入することができます。

老後に豊かな暮らしをするには、欠かせないのが厚生年金の部分です。なぜなら、国民年金を40年間満額払ったとしても、年間78万円程度にしかなりません。それが厚生年金となると、年間150、200、250万円となってくるから、当然ながら厚生年金に加入するほうが数倍手厚い保護を受けることができます。

よもや、こういう制度は収入だけの差別的な制度で、要領を得ないとなかなか所得にせよ、年金にせよ、理想どおりに支払って回収することが困難です。払わなければ将来受け取る権利がないからたいへんです。"

無料相談はこちら

FPによって取扱の保険会社が違います。保険を探す時もできるだけ多くの保険を知って比較をし相見積もりをすることをおススメします。本当に合った保険を見つけてから加入しましょう。安易に判子をポンポン押さないようにして下さい。

★保険GATEの公式サイト
http://www.hokengate.jp/

★保険マンモスの公式サイト
http://www.hoken-mammoth.jp/

★ワールドファミリーフィナンシャルの保険相談「みつかる君」
http://hoken-mitukaru.com/
関東、東海、関西、九州北部の地域限定です。

★ほけんの窓口の公式サイト
http://www.hokennomadoguchi.com/
ほけんの窓口はお近くの店舗で無料相談をしています。まずはコチラから相談予約を

★保険1番の公式サイト
http://1st-hoken.jp/

★保険テラスの公式サイト
http://hokendirect.jp/web_reserve/

関連エントリー
Copyright © 2011 女性保険の無料相談室 【医療保険・生命保険の加入は必要?】 . All rights reserved