保険加入についてよく知ることの詳細について

女性保険の無料相談室 【医療保険・生命保険の加入は必要?】

トップページ > 保険加入についてよく知ること
保険加入についてよく知ること

最近の流れは、テレビを見ていても思いますけど・・・

とにかく安い保険を売る傾向がありますが、内容をよく読んでもらいたいです。

安い保険を見ていて代理店手数料が引き下げられていますとかで保障だけのものというのは、それはそれで良いのですけど、そこまで安くはならないです。

女性保険ではなくて高齢者向けの医療保険で「(高齢者でも)入れます。」という商品があったのですね。何故、高齢者でも加入できてこんなに安いのかと思ったら

間違ってもなく商品コンセプトは悪くないと思ったのですね。月々何千円の支払の中でケガも病気も保障します。と言ってたわけですから

病気の入院は一日1000円でケガの入院は一日6000か8000円というのがあったのです。

これはすごい分かりやすい話で、年を取ると病気が深刻化して長期化するから医療保険の保険料が高いのですよ。

最初に基本保障をチャックして加入できるかどうか?

ケガの保険は、年を取るとリスクは上がるのですけど、誰しもケガをするわけではないという事で特殊な事がない限りは、割に引き受けは簡易ですし保険料も安いですね。

結局その医療保険といっているにも関わらず、ほとんどがケガの保険であって傷害保険の医療特約付きみたいになっていたのです。

女性は特にそうですけど、年を召されるとケガをされて長期入院するリスクがるから商品として間違いないですね。ただ病気のガンとか脳卒中とかになったときに入院してもケガの方の一日8000円だと思ったらえらい目にあいますよ。

病気の入院は一日1000円ですよ。全然取り分がないという事です。

そこだけ分かって加入する分には良いのかなと思います。自分と思っているものと違うケースがありますね。

そこは本当に中身を細かく読んでおかないと、違うものを買う時は特にですね。後になって違っていたことに気づく

例えば、医療保険だと思って入ったら、病気のケアがほとんどない医療保険だったとか

値段が訴求している商品というのは、それなりに何か理由はあるので冷静に見て、マッチしていれば買うべきでしょうしそうでなければ安くても買う必要はないと思います。

読んでも分かりずらいのでは、特に女性は・・・?

それ程、難しくは書いてないはずですけど、そのまま分かるなら保険に加入しても良いですし自信がないなら通販の保険は買う必要はないですね。

リスクは、そのまま覚悟して買うべきものです。

通販でなくて窓口やFP(ファイナンシャルプランナー)に相談して保険を作る場合は、きちんと説明してもらった方が分かりやすいですし絶対に聞くべきですね。とことん聞くべきです。

もっと言えば、聞きたい事を箇条書きしておいて質問事項を自分なりに用意しておいて、それで作りにいくのが望ましいでしょうね。

若い方は特にそうですけど、保険料は変わらないかどうか?

5年10年で変わってくるものなのかどうなのか?ずっと一定なのか?というのがひとつポイントになりますし死亡保険でも保障の期間ですね。いったい、いつまでなのか?お金でその期間がいつまで続くのか?という事と、あと守備範囲ですね。

あれは無理これは無理となっていないかどうか?

保険内容が改定することもあって、パンフレットだけでは分かりにくいです。書いてない事もあります。

そういった事も確認するように心がけた方がいいです。踏み込んで聞いた方がいいです。どんな病気でも出るのかとか?

売っている方が、よく分かっていないケースもあると思います。本当に細かな改定で、改定情報を見落とす事もあります。

どれだけ意識を持って仕事をしているか?という事を確認する意味でもいいかもしれません。

もし分かっていなかったら、徹底して聞くか?相談する相手を代えるか?ですね?

セカンドオピニオンというのは保険でもあるべきだと思います。

1件で決めるよりは、2件3件聞くのがいいでしょうね。

良いと思った保険があったならよく聞いて、変えて図(自分が思っている保険)に合わせる方が良いと思います。

信用度の問題で、ある程度は大手になるのは否めないかなと思っています。

小さい所の商品は若干、不安感もありますね。支払いになった時に対応がどうかな?というのは正直ありますから

自分で「こうなったらどうなるのか?」を想定して考えて質問するべきですね。安易に判子をパタパタ押さない方が良いと思います。

何人かに相談して聞いて、ひとつの事でも誰もが同じことを言っているなら間違いはないでしょうし

後、ご自身で気をつけないといけない事は、今の医療保険とか生命保険もそうですけど、自書といって自己申告する部分があるのですけど、自己申告に関する制約が非常に厳しくなっていて、ほとんどの防疫といいますか、ちょっとでも投薬でもしたなら、みんな申告することになります。

これが、案外忘れています。ちょっとでも目がかゆくて医者に行って目薬をもらったのが半年前にありましたとかという事も全件申告です。

3年〜5年にさかのぼって、いろいろ考えないといけないですけども

特に著しいものほど、しっかり申告する必要があって、思い出せる限りは思い出してもらうしかないのかなと思います。

消費者保護の観点から故意とか重過失で疑われることがない限りは、支払い拒絶までいかないですけど

うっかりも著しいと、例えば「3ヶ月前じゃないですか!」とか「半年前に通っているじゃないですか!」って言われるのを申告漏れするのは、非常に問題があります。

そういう点で自分で健康保険の年に1回、使った通知が来ますね。これをちゃんと残しておいて確認した方が良いです。

「隠しておいた方が保険に入りやすいから」という考えはやめた方が良いと思います。

いざという時に、そこをつかれて払われないというケースもあります。

細かく見ていますから何年何月何日に、どんな「通院履歴があるのか」「入院履歴があるのか」全件見ていくので、お客さんの方であやふやにしていると損をします。

無料相談はこちら

FPによって取扱の保険会社が違います。保険を探す時もできるだけ多くの保険を知って比較をし相見積もりをすることをおススメします。本当に合った保険を見つけてから加入しましょう。安易に判子をポンポン押さないようにして下さい。

★保険GATEの公式サイト
http://www.hokengate.jp/

★保険マンモスの公式サイト
http://www.hoken-mammoth.jp/

★ワールドファミリーフィナンシャルの保険相談「みつかる君」
http://hoken-mitukaru.com/
関東、東海、関西、九州北部の地域限定です。

★ほけんの窓口の公式サイト
http://www.hokennomadoguchi.com/
ほけんの窓口はお近くの店舗で無料相談をしています。まずはコチラから相談予約を

★保険1番の公式サイト
http://1st-hoken.jp/

★保険テラスの公式サイト
http://hokendirect.jp/web_reserve/

関連エントリー
Copyright © 2011 女性保険の無料相談室 【医療保険・生命保険の加入は必要?】 . All rights reserved