女性からの相談で多いことの詳細について

女性保険の無料相談室 【医療保険・生命保険の加入は必要?】

トップページ > 女性からの相談で多いこと
女性からの相談で多いこと

どちらからもあります。女性からだけでなく男性の方からもあります。

結婚をしました。という時に保険に関して声がかかります。

何を気にしていますか?

訳が分かっていないという事を率直に言われますね。

親元で入っていたケースが多いので、親元の保険をこちらに引き継ぐ作業から入ります。

例えば、最近、年配の方や30,40代からの結婚が多い中で、既往症 (きおうしょう)すでに病気を持っていたりだとか薬を飲んでたりとかあるのですね。

そうするとせっかく相談されても、こちらで保険が作れないケースがあります。

そういう時は、慎重に元の契約、お父さんやお母さんが入っている契約の名義変更をするという手段があります。

契約名義を本人に変えます。例えば、今までお父さんの名義で娘さんにかかっていたものをもらってくる。娘さんの名義にします。支払い口座も同じようにします。

それをやりがてら、お父さんが余分な保険に入っていれば中身を見直したりもします。

ごく稀に全く入っていませんでした。という方も見えますし意外と女性は保険に加入していないケースが多いですね。

親元で入っていた保険を崩したとか、新しい保険を作り直して親元で入っていた保険を解約するケースもあります。

ご本人が入っていたケースで働いている人だと郵貯の簡保が意外と多いですね。

簡保だと以前は商品がすごい良かったのですけど、あれもずるくなってきて積立もどきみたいなもので、お金を貯まる商品をずっと続けてきたつもりがお金が貯まらない商品に変わっていったのですね。

まあそれも見せてもらった時の都合ですね。その機会に変えるのか?別の保険にするのか?は

特別養老保険に入っていた人が見なおしたら普通の養老保険だと良かったというケースもありました。

養老保険の元々の趣旨は「積立」なのですね。特別養老保険というのは、掛捨てが付いているから特別という話です。

本来、掛捨て比率が増えてくると、それは養老保険ではないのですけど、そこを読み換えしたのはだましですね。

無料相談はこちら

FPによって取扱の保険会社が違います。保険を探す時もできるだけ多くの保険を知って比較をし相見積もりをすることをおススメします。本当に合った保険を見つけてから加入しましょう。安易に判子をポンポン押さないようにして下さい。

★保険GATEの公式サイト
http://www.hokengate.jp/

★保険マンモスの公式サイト
http://www.hoken-mammoth.jp/

★ワールドファミリーフィナンシャルの保険相談「みつかる君」
http://hoken-mitukaru.com/
関東、東海、関西、九州北部の地域限定です。

★ほけんの窓口の公式サイト
http://www.hokennomadoguchi.com/
ほけんの窓口はお近くの店舗で無料相談をしています。まずはコチラから相談予約を

★保険1番の公式サイト
http://1st-hoken.jp/

★保険テラスの公式サイト
http://hokendirect.jp/web_reserve/

関連エントリー
Copyright © 2011 女性保険の無料相談室 【医療保険・生命保険の加入は必要?】 . All rights reserved