年齢によるリスクの違いと保険バランスの詳細について

女性保険の無料相談室 【医療保険・生命保険の加入は必要?】

トップページ > 年齢によるリスクの違いと保険バランス
年齢によるリスクの違いと保険バランス

女性に限らず総合的な事ですけど、年齢によるリスクってありますよね。

18,9〜20代後半ぐらいまでの間であればレジャーとかアクティブに動く関係でケガで病院に通う確率が高いですよね。病気になるというのはほとんどない

そうすると医療保険はミニマムでいいですし、そこへ傷害保険を積み上げて入っておくのが確率論から言って正しいですよね。

逆に結婚されるとそういうケガのリスクが減ってきて、ほとんど支払もないですね。

半面、引退を機にケガの確率が戻ってきますね。60代を超えて65歳70歳ぐらいになってくるとやたらとケガをしやすいんですよね。こけたりして・・・

女性は特に顕著にそれが出ます。女性の場合は年を取るほどものすごく増えます。70代だと骨粗鬆症(こつそしょうしょう)骨が弱くなるので、ちょっとした事ですぐに骨折して長期入院や長期通院になるんです。

だからそういった意味で女性保険は、女性のためのケガの保険ですね。60代に入ったぐらいに検討するのは良いと思いますね。

若い時にいるかというとそうではないですね。年がいかれてからは非常に増えてくるので、そういう時には入っておくといいかなと思います。

保険は、ギャンブルなので確率の高いところで入っておいて、確率の低いところで入っていてもしょうがないかなと思いますね。

確率の高いところで入っていて対象外になるのは、もう仕方がないですね。

医療保険は基本、終身型です。医療に関しては・・・傷害保険に入るときは追加していくべきと言いますか、その時払いで・・・

一般的に損保会社の傷害保険は長期契約で5年とか10年ですから単年度の契約で問題ないと思います。

無料相談はこちら

FPによって取扱の保険会社が違います。保険を探す時もできるだけ多くの保険を知って比較をし相見積もりをすることをおススメします。本当に合った保険を見つけてから加入しましょう。安易に判子をポンポン押さないようにして下さい。

★保険GATEの公式サイト
http://www.hokengate.jp/

★保険マンモスの公式サイト
http://www.hoken-mammoth.jp/

★ワールドファミリーフィナンシャルの保険相談「みつかる君」
http://hoken-mitukaru.com/
関東、東海、関西、九州北部の地域限定です。

★ほけんの窓口の公式サイト
http://www.hokennomadoguchi.com/
ほけんの窓口はお近くの店舗で無料相談をしています。まずはコチラから相談予約を

★保険1番の公式サイト
http://1st-hoken.jp/

★保険テラスの公式サイト
http://hokendirect.jp/web_reserve/

関連エントリー
Copyright © 2011 女性保険の無料相談室 【医療保険・生命保険の加入は必要?】 . All rights reserved