保険を考える時期と女性保険は必要?の詳細について

女性保険の無料相談室 【医療保険・生命保険の加入は必要?】

トップページ > 保険を考える時期と女性保険は必要?
保険を考える時期と女性保険は必要?

医療保険そのものは、成人されて稼ぎをもたれたら、とりあえず入っておくのは入っておいた方が良いと思うのですよ。

別に20歳だからといって病気にならないケガをしないというわけではないので、結婚や出産を機に有効な保険に入っていることが、万が一の時の備えになります。

出産は結構リスクを伴うものなので・・・保険金が支払われることも結構多いですから

支払(給付)を受けれる態勢になっておく必要があるでしょう。だから女性で成人されたのであれば自分を守る為の医療保険は1個必要かなと

その中で選択するのに普通の医療保険なのか?女性特約(女性保険)を選択するかは任意ですけども女性特有というのに特化する必要はないと思います。

異常分娩とかで治療費が2倍になるというのは聞かないですけど、女性特有の病気に対してのお見舞い支払いというのはあっても、異常分娩に対してお見舞い支払いとか特約は聞いたことがないですね。

そこに備えるのであれば普通の医療保険で十分だと思いますね。

結婚をするとなった時に保険の見直しで出産に関連したのを考えるというのは、むしろ考えないです。

保険の見直しのきっかけとしては結婚、出産で相談を受けるんですけど、備えてもらうのはごく普通の医療保険でいいわけですよ。

多いのは独身の時に職に就かれてすぐに職場の提案で入られる女性をよく見かけますけど、特にそこで加入する必要はないですね。

例えば、特殊事情ですね。スポーツでボードやスキーをするとかで顔にケガをしそうだとか特殊な事情がある人なら入っているケースはあります。

そういうのは、傷害保険にしておけば保険料も高いものではないので無駄とは言わないですけど、逆に結婚を機にそういう機会が減ってくると見直す必要が出てくるかなとは思います。

むしろ病気的な医療の方に力を入れるというか。男性と違って出産は、病気というのはおかしいですけど、かなりリスクを伴うものなので、その時に医療保障とか何もないのは結構危ないのではないかと思います。

最低限、医療系の保険には入っておくべきでしょうね。ここに女性保険に特化した保険である必要はないということです。

年をめした方、高齢の女性でも女性特有のというので売られているもので、その病気になるとは限らないし病気になったからといって、その額が支払われるというわけではないので、あくまで保険を販売している側の言い方のひとつとして「女性保険」があります。

女性保険といわれると女性意識の強い方が逆に自分でどうにかしなきゃと思うので、「女性」の文字に惹かれるのですね。

販売戦略的なところが強いです。

女性特有のにしてありますけど女性特有であって、それがない商品なんですね。元々

選ぶときのポイントとしては、返戻金や満期金とか受取金、お祝い金が付いているわけですけども、それとかも冷静に計算してみて本当の部分で掛捨てはいくらなのかとか電卓を叩けば分かるので、本当に得なのかどうかなのか何社か冷静に見た方が良いです。

ちょっとでもお金が戻ってくるなら掛捨てとは言わないので・・・

無料相談はこちら

FPによって取扱の保険会社が違います。保険を探す時もできるだけ多くの保険を知って比較をし相見積もりをすることをおススメします。本当に合った保険を見つけてから加入しましょう。安易に判子をポンポン押さないようにして下さい。

★保険GATEの公式サイト
http://www.hokengate.jp/

★保険マンモスの公式サイト
http://www.hoken-mammoth.jp/

★ワールドファミリーフィナンシャルの保険相談「みつかる君」
http://hoken-mitukaru.com/
関東、東海、関西、九州北部の地域限定です。

★ほけんの窓口の公式サイト
http://www.hokennomadoguchi.com/
ほけんの窓口はお近くの店舗で無料相談をしています。まずはコチラから相談予約を

★保険1番の公式サイト
http://1st-hoken.jp/

★保険テラスの公式サイト
http://hokendirect.jp/web_reserve/

関連エントリー
Copyright © 2011 女性保険の無料相談室 【医療保険・生命保険の加入は必要?】 . All rights reserved