女性保険についての詳細について

女性保険の無料相談室 【医療保険・生命保険の加入は必要?】

トップページ > 女性保険について
女性保険について

女性保険にもふたつあるのですよ。一般的に女性保険って言われるものの種類ですけど、損害保険っていうカテゴリーの中の傷害保険、けがの保険ですね。

傷害保険の中に女性保険ていう名前で売られているものもありますし生命保険の中の医療保険ていう中に女性保険として売られているものもあるんですね。

違いというかそれぞれの中身は、なぜ女性とわざわざ言われているかというと女性保険というカテゴリーがあるわけではなくて「女性向けの保障を用意しました。」という考え方ですね。

古いもので女性向けの傷害保険ですと例えば、顔のケガなんかだったら、普通のケガの保障であったら「通院1日5千円ですよ。」というのが女性の顔のケガだったら2倍支払いますよ。とか

同じコスメテックなどですね。けがの保障について女性特有のケガ2倍支払いますよ。というのがあります。

傷害保険の積立ですよね。

生保の医療保険の方も女性保険って言われる似たようなところがあります。こっちは両方ともケアするので、女性特有の病気がありますよね。

胸に関する部分であるとか子宮に関する部分であるとか、そういう女性特有の病気に対しての支払いを2倍にするとか手厚くするのが女性保険の考え方なんですね。

勧める側の考え方にもよりますが、通常、正直あまり持っていかないようにしてます。

何故かというと通常の傷害保険であり医療保険でありどちらも女性保険特有の病気だからといって、支払いが排除されているわけではないんですね。

女性だから女性特有の病気しかならないわけでもないし、どちらにも普通の病気にもなりますし女性しかかからない病気も存在はするけども、それにしかならないというわけではないいじょう

だったら守備範囲を広げる保険の保障内容を広げるという考え方らかいけば、元々の日額保障、例えば傷害保険でも日額給付、医療保険でも日額給付ってあるわけですよ。

その日額給付そのものを上げておく、要するに女性保険にする事で特定の部分にだけ厚みがでるから、そこに対する保険料が上がるわけですよ。

それが例えば家庭的に必要という事情でもない限り、そうではなくて守備範囲を広げるという基本的な考え方からいけば、広く厚みをもたせる方のスタンスが良いのではないかと思います。

ガン保険でも誰もがガンになるわけではないということで、特定の部分に特化するのではなくて全体の厚みを増やしていくのが良いと思います。

女性保険の場合は、目先だってというか女性の支払傾向、支出傾向ってありますよね。

つまり2000円の物よりは1980円の物を好むとか保険でも満額掛捨てよりは、ちょっとでもお金が戻ってくる方が嬉しいとか、そういう女性特有の心理があって、そういう所に特化して例えば、基本はそこなんですよ。

基本的な中身に対して通常なら掛捨て一本の保険に対して、僅かながらでも積立部分を作っておいて2、3年に一回とか5年に一回とか1万円とか2万円でも戻すという契約

請求書がなければお返しします。というパターンもあるでしょうし請求の有無に関わりなく考慮するという。ちょっと嬉しい〜というのですかね。

ずっと払ってばかりでなく戻してくれる特約が付いた商品もありますよ。これも女性保険特有ですね。

実際のところどうなのか?という部分で、ずっと払っていく保険料と外から今度、定期的に返してくれるお祝い金や前金を差し引いたものが純粋な保険料ですから

そうやって計算した時に純粋な掛捨ては、どう違うのかというと結果的には実は割高だったりするケースが多々あるんです。

だけど販売する方のテクニックじゃあないですけど、消費動向から考えて値段の付け方から考えて、掛捨てよりは得な気がしますよね。

お値打ち感というところに訴えて後は販売経路もそういうやっぱり女性向けの販売経路を考えてあるので、女性誌であったりとか女性向けのウェブサイトだったりとかに告知されている事が多いので、まあ気軽に入れる金額で割安感があるというか割得感があるんですかね?戻りがあるから入られる方が多いですけど、冷静に考えてみたらそんなに得なケースってむしろどうなの?なってくるところで

なのでまあ本当に支払い能力があるから入っている方が多いのかな

積極的にお進めしないですね。冷静に今の話を説明すると意外とやっぱり選択されないケースが結構ありますね。

会社によっては、手厚く保障する部分というのが、例えば医療保険に対してガン特約や三大疾病特約ってありますね。がんの時や三大疾病の時に2倍払いますとか

このノリで女性特約というのが存在して女性特有の疾病限定である項目がずらっとあって、この中の病気になったときにだけ2倍払うというのがオーソドックスなパターンなので、

とにかく倍払うというものでいくよりは、倍払う根拠がまずないです。何故かというと女性特有の病気だからと言って治療費が倍かかるかというと、そいうわけではないです。

病気になったからといって倍の治療費をもらって喜べるわけでもないので、やっぱり全体的なケアの方こそ大事ですし

余計なものと考えたら排除して基本はかさ上げする提案の方に落ち着くことが多いですね。

女性保険はこんなところです。他にも違う保障内容で良い保険があるかもしれませんが・・・

無料相談はこちら

FPによって取扱の保険会社が違います。保険を探す時もできるだけ多くの保険を知って比較をし相見積もりをすることをおススメします。本当に合った保険を見つけてから加入しましょう。安易に判子をポンポン押さないようにして下さい。

★保険GATEの公式サイト
http://www.hokengate.jp/

★保険マンモスの公式サイト
http://www.hoken-mammoth.jp/

★ワールドファミリーフィナンシャルの保険相談「みつかる君」
http://hoken-mitukaru.com/
関東、東海、関西、九州北部の地域限定です。

★ほけんの窓口の公式サイト
http://www.hokennomadoguchi.com/
ほけんの窓口はお近くの店舗で無料相談をしています。まずはコチラから相談予約を

★保険1番の公式サイト
http://1st-hoken.jp/

★保険テラスの公式サイト
http://hokendirect.jp/web_reserve/

関連エントリー
Copyright © 2011 女性保険の無料相談室 【医療保険・生命保険の加入は必要?】 . All rights reserved