予算10000円の詳細について

女性保険の無料相談室 【医療保険・生命保険の加入は必要?】

トップページ > 予算10000円
予算10000円

保険料の予算が10000円と言われるなら、大体どの世代も十分な保険になりますね。

若い頃は、そこまで要らないかと。

10000円の予算があるので払えるからとか心配だからという事で、10000円の保険料を出せるという人に何か良い保険はありますか?

今、言ったスタンスで5000円で収まるなら残りの5000円は積んでおく、貯蓄するべきだと思います。相談する相手によって意見が違うかもしれませんが、自分で貯金するのがいいと思います。

不足の事態で一時金がいるとなったら蓄えがあれば、まさしく一時金あるわけですから問題はないと思いますが

保険でそれを用意して特約で買ってしまうとそこの部分は、どれだけ払っても一銭も残らないわけです。請求をしなければ・・・

それを考えればあまり良いイメージはないですけど、それでも掛捨てしてるよりは、ずっとか良いわけで・・・

例えば、若い頃3000円で済む保険料をわざわざ7000円に膨らます必要もなくて、1ヶ月7000円ずつ貯蓄していけば、瞬く間に結構な金額が貯まりますよね。

そういったものを不足した事態に備えておくのが、本当のリスク回避になります。

どうしても保険というなら若いうちに想定するなら純粋に積立型の終身保険、死亡保険の終身を買っておくといいですね。

月払いで5000〜6000円を積んでおけば、掛け捨てではない、純粋にお金が残るタイプで組んでおくと無駄にはならないです。

何かあった時に通知しても良いですし解約しても構わないですから(お金が戻ってくる)

どうしてもそれぐらいシフト(保険に)しておきたいというのであるなら貯金だと思って、貯金としての保険を買うのは悪くはないと思います。

それであるなら変に保障のことは意識しない方がいいですけど

女性はちょっとでも戻ってきた方が良いのであれば積立型の方が良いのではないですか?

残念ながら女性保険として売られているもので、いわゆる無事故お祝い金とかいろんな名前で売られていますけども基本的に積立が目的ではないので、おまけなので・・・

非常に返礼率は悪いですね。ほとんど掛捨て、極端なこと言えば9割以上が掛捨ての中の1割戻しです。

そういうものでやるのではなくてということですね。

基本的に医療は医療、傷害は傷害でするという事です。まだ、原資があるなら、それは貯金変わりの何かという風に、そういう風に分けて考えた方が良いとは思いますね。

女性保険でするのはやめた方がいいです。

無料相談はこちら

FPによって取扱の保険会社が違います。保険を探す時もできるだけ多くの保険を知って比較をし相見積もりをすることをおススメします。本当に合った保険を見つけてから加入しましょう。安易に判子をポンポン押さないようにして下さい。

★保険GATEの公式サイト
http://www.hokengate.jp/

★保険マンモスの公式サイト
http://www.hoken-mammoth.jp/

★ワールドファミリーフィナンシャルの保険相談「みつかる君」
http://hoken-mitukaru.com/
関東、東海、関西、九州北部の地域限定です。

★ほけんの窓口の公式サイト
http://www.hokennomadoguchi.com/
ほけんの窓口はお近くの店舗で無料相談をしています。まずはコチラから相談予約を

★保険1番の公式サイト
http://1st-hoken.jp/

★保険テラスの公式サイト
http://hokendirect.jp/web_reserve/

関連エントリー
Copyright © 2011 女性保険の無料相談室 【医療保険・生命保険の加入は必要?】 . All rights reserved