女性のための保険加入について

女性保険の無料相談室 【医療保険・生命保険の加入は必要?】

女性ならではの保険の悩みがあるんです

女性保険にもふたつあるのですよ。一般的に女性保険って言われるものの種類ですけど、損害保険っていうカテゴリーの中の傷害保険、けがの保険です。傷害保険の中に女性保険ていう名前で売られているものもありますし生命保険の中の医療保険ていう中に女性保険として売られているものもあるんですね!

保険の専門家にズバリ聞いてきました!

当サイトの情報は保険の専門家に直接、聞くことでみんなが見落としがちなところまで詳しく解説しています。「これから保険に加入しようとしている」「いまの保険って大丈夫なの?」といった、保険に対しての疑問をお持ちの方にとって少しでも参考となる情報であれば幸いです。

無料相談はこちら

FPによって取扱の保険会社が違います。保険を探す時もできるだけ多くの保険を知って比較をし相見積もりをすることをおススメします。本当に合った保険を見つけてから加入しましょう。安易に判子をポンポン押さないようにして下さい。

★保険GATEの公式サイト
http://www.hokengate.jp/

★保険マンモスの公式サイト
http://www.hoken-mammoth.jp/

★ワールドファミリーフィナンシャルの保険相談「みつかる君」
http://hoken-mitukaru.com/
関東、東海、関西、九州北部の地域限定です。

★ほけんの窓口の公式サイト
http://www.hokennomadoguchi.com/
ほけんの窓口はお近くの店舗で無料相談をしています。まずはコチラから相談予約を

★保険1番の公式サイト
http://1st-hoken.jp/

★保険テラスの公式サイト
http://hokendirect.jp/web_reserve/

女性用の保険で多い相談とは?

どちらからもあります。女性からだけでなく男性の方からもあります。

結婚をしました。という時に保険に関して声がかかります。

何を気にしていますか?

訳が分かっていないという事を率直に言われますね。

親元で入っていたケースが多いので、親元の保険をこちらに引き継ぐ作業から入ります。

例えば、最近、年配の方や30,40代からの結婚が多い中で、既往症 (きおうしょう)すでに病気を持っていたりだとか薬を飲んでたりとかあるのですね。

そうするとせっかく相談されても、こちらで保険が作れないケースがあります。

そういう時は、慎重に元の契約、お父さんやお母さんが入っている契約の名義変更をするという手段があります。

契約名義を本人に変えます。例えば、今までお父さんの名義で娘さんにかかっていたものをもらってくる。娘さんの名義にします。支払い口座も同じようにします。

それをやりがてら、お父さんが余分な保険に入っていれば中身を見直したりもします。

ごく稀に全く入っていませんでした。という方も見えますし意外と女性は保険に加入していないケースが多いですね。

親元で入っていた保険を崩したとか、新しい保険を作り直して親元で入っていた保険を解約するケースもあります。

ご本人が入っていたケースで働いている人だと郵貯の簡保が意外と多いですね。

簡保だと以前は商品がすごい良かったのですけど、あれもずるくなってきて積立もどきみたいなもので、お金を貯まる商品をずっと続けてきたつもりがお金が貯まらない商品に変わっていったのですね。

まあそれも見せてもらった時の都合ですね。その機会に変えるのか?別の保険にするのか?は

特別養老保険に入っていた人が見なおしたら普通の養老保険だと良かったというケースもありました。

養老保険の元々の趣旨は「積立」なのですね。特別養老保険というのは、掛捨てが付いているから特別という話です。

本来、掛捨て比率が増えてくると、それは養老保険ではないのですけど、そこを読み換えしたのはだましですね。

保険会社は倒産しないのか?

決定的なのは民間の保険ですから国じゃないので、胴元が必ず勝つ博打ですから必ず負けるんですよ。加入者の多くが

100人いたら90人は、負けてしまうギャンブルです。保険は・・・

そういう点からして、なるべく減らすじゃないですけど、元金は抑えた方がいいです。

沢山お金を持っている方がより財産を増やしていく為の保険というのはあります。お金持ち向けの保険も別に存在するのですけど、一般的に言えば9割が負ける博打をやっています。

原資は抑えるべきです。

保険を払っていて保険会社が倒産しないですか?と質問されることがありますが

保険会社が倒産する可能性はないです。経済の話になりますが国がしんようをもって通貨が取扱いされる中での金融というカテゴリーの中に銀行があり保険会社があり証券会社がありという中でメガバンクが潰れますか?と言われたら

メガバンクが潰れるときは国が傾いている時という話で円そのものがどうなってるの?という話で日本経済ごとどうなるか分からない状態というレベルの話ですから単独で大手の1,2位を争う保険会社が扱けるのは考えにくいですね。

考えにくい半面、財の健全性にこだわる方向に躍起になっていますから消費者有利の商品はどんどん減っています。

ようは値上がりですね。ずっと続いています。保障削減であったりとかいろんなかたちで値上がりしてますね。

どんどんお客さんに不利な商品展開になってるのが、今の時代の流れですね。

倒産を心配するよりは、むしろそういう面で危惧するのは大事かなという気がします。

保険会社が儲かるようになっているという事です。必ず毎年、会社運営上のルールではないですけど株主に配当を出すことでやるわけですから

会社の決算というのは、3期連続で赤字を出さないという縛りの中で、必ず毎年黒字を出さないといけない半面、内部留保と言いますけど課税資産をそのものを積み上げていくことができないわけですよ。

毎年、儲けて毎年株主に配当してやっていく為に、もの凄く苦しい展開に今までなっていて昔を変える為に合併を繰り返している。合併と合理化ですね。

そうやって利益を出していますから内情はよろしくない本当、国の懐勘定はもの凄く悪いです。収支バランスですね。

保険に加入するタイミングとは?

いつ保険に加入すれば良いんか?そのタイミングは?保険の見直し相談についてしっかりと考えておきましょう!保険の無料相談してくれる保険代理店もけっこうありますからね(^^


Copyright © 2011 女性保険の無料相談室 【医療保険・生命保険の加入は必要?】 . All rights reserved