職種でも変わる保険内容と死亡保障の詳細について

保険加入のタイミングは?保険の見直し無料相談室

トップページ > 職種でも変わる保険内容と死亡保障
職種でも変わる保険内容と死亡保障

何を相談したらいいのか分からないのですけど・・・?

職業から見ていくといいでしょうね。

サラリーマンなのか?自営業なのか?サラリーマンでも大手なのか?中小企業なのか?零細企業なのか?

それで全然変わってきます。公的保証がありますね。社会保険のことです。

年金も厚生年金などであれば、死んだときに遺族年金というのが遺族に入ってきます。その額は、自営の個人事業よりは多いですね。

多いというのを踏まえた上での死亡保険金の設定額を考える必要があります。

組織によって全然違うわけですから。例えば、国家公務員や地方公務員なら手厚い遺族年金があるので、死亡保障はそれ程いらないともいえます。

逆に自営業や零細企業であれば、遺族補償そのものを自分たちで考えておかないと全然ないわけです。

後は、考えるとしたら奥さんが手に職があるか?

再スタートをする時に何のノウハウもない経験もない何にもないという人が、働いてもやっぱりお金にならないですね。

そういう人には、保険で死亡保障をしっかりしていないと大変ですよね。

今でも働いているとか経験があって働けるというので、スタートができるんであれば、そんなにたくさんは必要ないはずなんですが・・・

そういうのでも保険金額は変わります。必要額は変わりますね。

家の内情をよく知ってから、作っていかないといけないですね。

収入だけ聞いてもダメで、収入以外の部分があるわけですから

どこに勤めているのか?会社はどんな保障になっているのか?それで随分変わってるので・・・

保険というものは、どれを選んだらいいのか?が焦点になっていますが、まずは、家の社会保険から見ていかないといけないとは思いますね。

自分が死んだときに、いくら入ってくるのか?とか分からないのであれば、ファイナンシャルプランナー(FP)とかに聞くとか会社に聞く必要がありますね。

例えば、会社が任意で別に保険に入っている場合もあるんですよね。死亡時退職金制度をもっている会社もあります。

会社の方から亡くなったら支払われるの(金額)が分かっているなら、自分で保険に入る必要もないわけですね。

また、加入しているものが、いくら受け取れるのかを把握しておくのは、もちろん大事ですけども・・・

誰が請求するの?っていう話ですよね。

今回の災害があった時にお父さんもお母さんも亡くなってしまったケースがありますけど、実際だれが何をどれだけ掛けたかは、保険会社でも調べさせてくれるわけではないです。

生保なんかは特に・・・、請求が成り立たない支払いがあるので・・・

バックアップ体制として別居中の両親に出しておく、自分たちが入っている保険を教えておくとかは備えとしてやっておくといいでしょうね。

子供側から見れば、もらえる権利があるのに知らないから貰えないということになります。

逆もありますね。父母(祖父母)が入っている保険を知らないですよね。本来は知っておくべきです。

何かあった時に請求してあげて、例えば、それで葬式を出してあげるとか出来ますけど

何も知らない分からないでは、お互いが苦しいですよね。

本来、加入している保険の情報は一親等ぐらいまでは、お互いに把握しておくのが理想かと思います。

もう少し踏み込んで言えば、誰であっても遺産がなくても遺言書は書いておくべきでしょうね。

核家族化が進んだ時代ですけど、本当はお互いで把握しておく必要はありますね。

無料相談はこちら

★保険GATEの公式サイト
http://www.hokengate.jp/

★保険マンモスの公式サイト
http://www.hoken-mammoth.jp/

★ワールドファミリーフィナンシャルの保険相談「みつかる君」
http://hoken-mitukaru.com/
関東、東海、関西、九州北部の地域限定です。

★ほけんの窓口の公式サイト
http://www.hokennomadoguchi.com/
ほけんの窓口はお近くの店舗で無料相談をしています。

★保険1番の公式サイト
http://1st-hoken.jp/

★保険テラスの公式サイト
http://hokendirect.jp/web_reserve/

関連エントリー
Copyright © 2011 保険加入のタイミングは?保険の見直し無料相談室 . All rights reserved