地震保険の詳細について

保険加入のタイミングは?保険の見直し無料相談室

トップページ > 地震保険
地震保険

地震保険の支払われる金額って少なくないですか?そんなイメージがあるのですが

地震保険は、損害保険に当たるんですけど、損害保険の中でも別勘定になるんです。

別勘定というのはどういうことかというと、損害保険っていうのは自動車や火災や傷害などいろいろありますが、そんな中でも枠外にあるのが地震保険です。

どれくらい別枠かというと自動車や火災や傷害など、いろんな保険会社が独自で取り扱っていて独自で募集をして独自で保険金を支払っています。

つまり収支が保険会社で完結しているんですけど、地震保険だけは半分が国が補助するようになっています。

保険料は保険会社が集めますが、実際に支払うときは保険会社が集めたものからだけではなくて国が半分補助する制度で救済される余地があることと

保険会社も日本の国内の地震保険に直受けしていないです。直受けしていないとは、どういうことかというと自分たち(保険会社)で募集してお客さんに買ってもらって保険を作るのですけど、

保険会社が海外の保険会社に加入します。保険会社が保険に入るんですよ。

日本の地震保険の8割以上は外国の保険会社です。

ふたつの事情
地震保険というのは、民間の火災保険に入っていないとまず入れないです。

火災保険に加入している人が地震保険を加入するというかたちになるんですけど・・・

火災保険をかけている保険金額がありますね。例えば、建物に2000万円であれば、その二分の一までです。

2000万円の新築を買いました〜地震保険も入っておきましょう。入ります。1000万円しか入っていないんです。元々そうなっているんです。

2000万円の満額に対して1000万円しか付けれないわけですね。家財に1000万円の保険であれば500万円しかないんです。

そこをちゃんと理解して入っている人であれば違和感ないと思いますが、詳しいことを知らずに入っていたとかたまたま入っていたとか言われて入っていたとかだと安い印象を受けるでしょうね。

元々の趣旨が国が半分出して制度的に推し進めているっていう背景にあるのが、今回の震災みたいな地震の時にたくさんの被害が出て、社会救済的に支払いを早くするという趣旨の商品なんで支払いが半分になっているんですね。

査定も荒くて全損か半損か一部損、3区分しかしないんですよ。それと半損と一部損は、支払いが5%なんですよ。1000万円の保険でも50万円しかならないので・・・

3区分での判断をされるので、一部損の認定をもらったとすると、1000万円と思っていたのに金額が全然ちがうので驚かれます。

金額だけを見ると少ないと思われて噂になりがちですが、ルールとしてはおかしくはないんです・・・

なので知っておくことが大切です。

地震保険というのは、細かなケアをするためのものではなくて大規模な損害に対してなので、丸々損害を補てんしてもらう保険ではないです。

ですから加入の時は、よく確認をした方がいいでしょうね。

全損、半損、一部損という支払いしかしないので、地震保険に加入しないといけないかというとそうではないと思います。

古い家で震度6の地震がきた時にまちがいなく全損認定になるとか、住宅密集地であるなら地震で火災が起きた時とか隣の火が燃え移ってくる可能性があるなら加入しておくことを検討した方がいいでしょうね。

それが鉄筋コンクリートの家でも同じです。火にやられますから

周りになにもない一軒家に地震保険が絶対にいるかというと液状化のリスクでもない限りまずいらない話ですよね。

よく聞いてから加入するといいのですが、やっぱり保険料が高いんですよ。

日本で地震の危険度の見直しを何年かに1回行っていますが、地区によって違います。日本で一番高いのが静岡です。

木造の家の地震保険料は、ものすごく高いです。

だからそういう点で本当に保険が要るのか要らないのかというのはありますね。

たまにお金のある人なら「また買うわ」で終わるんですよ。そういう人に地震保険がいるかといったら要らないですよね。結構、割高な保険料なんで。

まず仕組みを知ってもらうことです。

全部に言えることなんですけど保険て元々ギャンブルみたいなものなんですよ。いつ起きるか分からない事故や災害に対して、お金を積んでいくという話なので・・・

保険に入っていて何かが起こった時に使う事になれば入ってて良かったとなりますし、死ぬまで何も起こらなければ毎月の支払だけで終わってしまいますから

これは、本当に考えた方なので〜どういった時にいくらもらえるのかというのを、知って加入してもらわないといけないですね。

損なのか得なのかっていうのは、人によって違いますから〜値段を見てもらって収入や財産とのバランスを取ることが大事ですね。

ファイナンシャルプランナー(FP)の仕事は、まさにその世帯としての収入と支出のバランスを見てくれてますよね。そこの保険が見合うのか見合わないのかという点では、ファイナンシャルプランナー(FP)に相談するのは良いでしょうね。

少しでも支払われるなら加入しておいた方がいいのですか?ないよりはあった方がいいのかなと思ったのですが

地震保険に関しては、元の主契約が増えるんです。火災保険が必要なのでそれなりの保険料になります。

保険料が高い割には半分です。全損のための備えと割り切れていればいいですが、半損か一部損なのかハッキリしない事のために、月払いで万する支払いになるのに見合うだけの保険なのかは冷静に考えてもらった方がいいと思います。

付けるほどのものでもないと判断できますし逆に言えばそれだけの金額を毎月にしたら50万円100万円すぐに貯まりますよね。その辺りを考えてもらえばと思います。

医療保険でもそうですけど、考え方によっては自分で積んでいった方が掛け捨てよりは良い部分がありますね。

無料相談はこちら

★保険GATEの公式サイト
http://www.hokengate.jp/

★保険マンモスの公式サイト
http://www.hoken-mammoth.jp/

★ワールドファミリーフィナンシャルの保険相談「みつかる君」
http://hoken-mitukaru.com/
関東、東海、関西、九州北部の地域限定です。

★ほけんの窓口の公式サイト
http://www.hokennomadoguchi.com/
ほけんの窓口はお近くの店舗で無料相談をしています。

★保険1番の公式サイト
http://1st-hoken.jp/

★保険テラスの公式サイト
http://hokendirect.jp/web_reserve/

関連エントリー
Copyright © 2011 保険加入のタイミングは?保険の見直し無料相談室 . All rights reserved