保険の内容は変わりますか?の詳細について

保険加入のタイミングは?保険の見直し無料相談室

トップページ > 保険の内容は変わりますか?
保険の内容は変わりますか?

保険の保障内容は、変わります。保険会社も新しい商品を買って頂きたいからです。

古い商品よりも儲けていかないといけないというのがありますし他社との競争にも勝っていかないといけないですから商品はどんどんリニューアルしていきます。

一般的には、医療制度が変われば、それに応じて合わせたような保険商品をという流れの中で以前より変わったとすれば、流行りというか旬みたいなのがあります。

「今はこれを売ります。」「こんなのが売れてます。」みたいなのが・・・

今、どういうのが売れているかというと、医療保険でいえば、入院したら一日いくらもらえます。入院して手術したら手術給付金がいくらもらえます。それとか付随してガン保険といわれるガンになったらいくらもらえます。とかありますよね。

これは、基本にあってそこは変わらないのですけど、そこに対して旬というのは、先進医療特約というのが売れています。

何なのかというと、健康保険証をもっていますよね。窓口負担って3割ですよね。これは、入院でも一緒なんですよ。基本は3割負担なんです。

だけど、民間まちの治験的な治療ってありますよね。例えば、がんであれば「重粒子線治療」とかありますけど、いわゆる放射線治療ではなくて粒子線といって特殊な線を使って
特定部位だけをきちんと抑えて強い線量で治療するというのがあんですけど。

これはまだ認可が下りていないですね〜。認可が下りていないのは自費なんです。

一照射200〜300万円するんですね。例えば一般の方で備えていこうと思うとがん診断給付一時金というのがあるんですが、初回が一般的に200〜300万円なので1回治療を受けて終わりなんです。

余命何ヶ月と判断をもらうといわゆる前払いでもらえる死亡保険金とかもあるんですけど、それらを充ててもお金が足らない、だからどんなことを保険会社が考えたかというと、先進医療特約を付けてもらえると1000万円までは別枠で出す

厚生労働省が認可してるけど自費になるものについては、別枠で1000万円まで交通費も含めて支払いますよ。というのもあります。

この治療(重粒子線治療)をやっている所が少ないんですよ。特殊な医療行為なので・・・

これが大体いま各社とも1ヶ月で保険料100円切ってます。主契約に対してプラス100円ぐらいです。

損保系生保という会社が付け始めてから他の会社も付けだしました。基本的には新しい保険にしかつかないですけど

「こういうのがあるので変えませんか?」というのが流行りですね。先進医療とかが旬になっています。

あとの部分というのは基本的に、どこもあまり変わっていないですけど・・・

商品の展開が変わっているというよりは、売り方の部分ですよね。

インターネットで売られている保険って車の保険だけだったんですよ。二輪もいけるようになりました。次に出てきたのが生保ですね。

従来はインターネットからだとパンフレット(情報)は取り寄せできたけど、加入まではできなかったわけです。

募集そのものが認可されてインターネットで手続きや決済ができるようになったというのは、変わってきた部分ですね。

無料相談はこちら

★保険GATEの公式サイト
http://www.hokengate.jp/

★保険マンモスの公式サイト
http://www.hoken-mammoth.jp/

★ワールドファミリーフィナンシャルの保険相談「みつかる君」
http://hoken-mitukaru.com/
関東、東海、関西、九州北部の地域限定です。

★ほけんの窓口の公式サイト
http://www.hokennomadoguchi.com/
ほけんの窓口はお近くの店舗で無料相談をしています。

★保険1番の公式サイト
http://1st-hoken.jp/

★保険テラスの公式サイト
http://hokendirect.jp/web_reserve/

関連エントリー
Copyright © 2011 保険加入のタイミングは?保険の見直し無料相談室 . All rights reserved