かつての保険の詳細について

保険加入のタイミングは?保険の見直し無料相談室

トップページ > かつての保険
かつての保険

保険会社がリードして作ってきている関係で、決められた割り方、区分になっていますので、一度、聞いて頂いて相談してから選んで頂くというのが必要です。

思うような保険に入れるかは、ご自身の判断になりますが・・・

ほとんどの人が、今入っている保険のことを知らないです。

父母の時代は、高度成長期といって、仕事していればお金がたくさんもらえる。外に出て働いてくるのが生活スタイルですね。

だから要る物は給料から引かれるとなっていて、生命保険も同じで給料から引かれるようにして利便さで売って、中身(保険内容)は、二の次で「みなさんはいってますから」とか「みんなと一緒にしましょう」という流れで、だいたい団塊世代の人たちは、「みんなと一緒」という切り口でやっていたんですね。

そういう時代は、「誰もが一緒だから良いんだ」という感覚ですよね。個性の時代とは全く違っていて、あの人もこの人も皆同じようにやってるからという考えで上手くまわっていた時代ですよね。

今、格差社会といわれるようになって所得も働き方も生活スタイルもバラバラになった時に、そのやり方ではまずくなったのでしょうね〜

あの人と一緒っていうわけにはいかなくて、子供の数も違う、考え方も違う、そんな中で個々に合わせたものという風になってきたんでしょうね。

そういう点で、今までは誰もが気にしていなかった保険の内容に、目がいくようになってきたのですね。

本当に誰もが知らなかったです。売っている人ですら知ってなかったですから当時は・・・

そこに自由化の流れの中で、外資系が入ってきて・・・本来価格競争のない世界だったんですけど保険業界は・・・その中で価格競争が初めて取り入れられて、損保系生保というブランド、従来型の生命保険会社のパッケージ売りですね。

「ココを基準にしたら後こんなに特約が付いてきますよ。」あれもこれも付けて何が何だかよく分かりませんけど、「はい、いくらです。」だったのが・・・

保険を分解しましょう。死亡保障は死亡保障、医療保障は医療保障ですね。内訳はこうですね〜とそういう内訳を付けだした

そして、支払方法ですね。従来は、ステップといって5年とか10年ごとに値段が変わっていく・・・

つまり収入が右肩上がりに上がる時代でしたから保険料も上がっていくのは、普通に耐えられる時代の話ですね。

だけどそういう時代ではないので、保険料は最初から払込みまで変わらない方がいいですよね。という風に変わってきていますね。

無料相談はこちら

★保険GATEの公式サイト
http://www.hokengate.jp/

★保険マンモスの公式サイト
http://www.hoken-mammoth.jp/

★ワールドファミリーフィナンシャルの保険相談「みつかる君」
http://hoken-mitukaru.com/
関東、東海、関西、九州北部の地域限定です。

★ほけんの窓口の公式サイト
http://www.hokennomadoguchi.com/
ほけんの窓口はお近くの店舗で無料相談をしています。

★保険1番の公式サイト
http://1st-hoken.jp/

★保険テラスの公式サイト
http://hokendirect.jp/web_reserve/

関連エントリー
Copyright © 2011 保険加入のタイミングは?保険の見直し無料相談室 . All rights reserved