保険料の支払いプランの詳細について

おすすめの保険は?無料の保険相談室

トップページ > 保険料の支払いプラン
保険料の支払いプラン
保険料の支払いプランについて
わかりやすく解説しています。

これは、10,000円型ですね「1日10,000円出てますよ」と書いてあるわけですが、こちらの値段表には20,000円だったり10,000円だったり下がってきてますよね。

じゃあ一体いくらのにしたらいいのか?となりますね。5000円のをお勧めします。

理由は、病院の窓口で払う医療金額というのは、3割負担が大前提ですよね。そうすると実際、どれぐらいの医療費がかかるのかとなると

1日5000円という事は、月15万ですね。

日本には、高額療養費制度というのがあって月々の医療費が一定の自己負担額を超えると戻ってくる制度があるんです。

通常の所得の人でいうと医療費が年間12万円を超えた部分というのは、負担してもらえるんですね。でも払っておかないといけないわけです。

例えば、100万円かかっても支払うわけです。後で戻ってきますが

この制度も良くなってきていて、高額な費用も最初に払うのではなくて後精算でもいいようになってきていています。

そうすると結局、医療費の負担として通常いったい、いくらになるかというと月12〜13万あれば足るわけです。

じゃあそれ以上の10,000円や20,000円のプランが何故いるのかというと、働けなくなりますよね。

入院して1ヶ月経てば、医療費としてのケアはできるけど、その間、収入は途絶えてしまうわけですから、そうなると話が違ってくるわけですよ。

収入を補うために、1日それが1日5000円とか7000円なのか必要になってくると10,000円型になったり20,000円型になるわけですけど〜

あくまで入院保障だけでいくならば、5000円プランで充分でしょうね。

脅かすために必ず保険会社は商売ですから、なるべく高めの保険を勧めてきます。

一体、いくら入院や通院にいるんですか?となった場合に、保険会社は、いろんな事を書いて根回しをします。

実際に医療費として必要になってくるのは、5000円で足りますね。

分かりやすく教えてもらいました。こういう事を知っておきいたいわけですよ。

これを知っておけば、自分にあった保険を選べばいいわけで〜10000円で足るのか?足らないのか?パンフレットを見ただけでは、全く分からないんですよー

別に必要なら保険会社のいうように、高い設定の保険でもいいわけですから何も知らないで、言われるままでは良くないですよね。

医療費として考えるなら足りる事になるんですよー

それ以上に要る時というのは、何に使うんですか?となると差額でベットが欲しいとか仕事で、どうしても電話をするなどの理由で個室でないとダメなんだとか事情がありますよね。

そういう方は、5000円を基準から考えてみて、どうしても5000円以上要るかなとなれば、積んでいくことになります。

余談ですが、個室にして欲しいとなった時に個室って取れるんですか?

もう少し踏み込んでいいますと個室ベットというのは、病気の状態にもよるんでしょうけども聞いている話をしますと、希望通りになることはまずないです。

病院によっては、重症の人や隔離しないといけない人、集中看護しないといけない人にこそ個室をあける関係で、自分で払いたい入りたいていう希望で入れられる状態ではないんです。

病気や怪我の優先順位があるわけですね。

現実問題として入れないんですが、いわゆるVIP用の病院ってありますね。東京なんか行けば・・・、ああいう所は、お金さえ出せばいくらでもランクが上がっていくわけです。

そういう人を含めての対象になるので20,000円型なんかもあります。

実際、そういう所以外での話でも、例え個室は取れるとしても「相部屋へいきません」といわれたりします。

お金の問題ではないということですね。

関連エントリー
Copyright © 2011 おすすめの保険は?無料の保険相談室 . All rights reserved