生命保険とはどういう保険?の詳細について

おすすめの保険は?無料の保険相談室

トップページ > 生命保険とはどういう保険?
生命保険とはどういう保険?

生命保険というのは、生身の人間に関わる保険ですから何で保険に入るのか?そこの理由付けから入ると

死んだらどうのではなく、生きていくための自分が長生きするための保険として、補償を考えているのが医療保険というものですから

例えば、入院が必要となったときに、ちゃんと入院の費用を用意しないといけなくなりますし、場合によっては手術の必要もあるわけで

入院日額に対応して手術給付金が付くわけですが、手術に対してのケアがついたりとか

最近では、保険の利かない医療行為もありますよね。先進医療とか設定医療いわれる医療です。

これらは、例えばガンになったとした場合、放射線治療ではなくて重粒子線治療といったものが先進医療になるわけです。日本に二、三ヵ所しかないんですけど・・・。

この治療は、ひと照射で200万円するんですよー^^;

そうすると普通ならこの費用を払うのに、蓄えを使い果たすか。ガン保険に入ってても、「ガンと診断されたら100万円支払いますよ」といった保険もありますが、足りませんよね。

100万円もらっても、後100万円足りないわけですよ。

こういったことが起きても大丈夫なように、先進医療に限って対応したオプションの保険もあります。

月額97円の保険料を払って1000万円までの補償があります。治療費はもちろん交渉や病院まで行く交通費がついています。


生き残るための保険に医療保険とかガン保険があるわけです。

生命保険というのは、現役世代、先の長い人にとっては、結婚してようがいまいが関係なくて自分のためにいる保険ですね。

また、自分の後始末をするのに独身であっても葬式の費用はいるわけで、他には事業をやっていたとか何かあれば、後片付けのための死亡保障ですね。

100万200万あれば、死んだ時に幾らというのを自分で作っておくのですね。結婚していれば、実際いくら必要なのか?考えますよね。

ひと昔の保険というのは、これらを死んだらいくらとか、ケガ、病気、介護、通院はいくらとか一緒にしてたわけですよ。いろんなオプションを付けていたんですね。
これだと、どれにいくらかかっているのか分からないうのが昔のやり方でした。

ここ最近では、ファイナンシャルプランナーと保険代理店が活躍するようになってアドバイスするのは、まず生き残るための保険を提供するとか、なければ作りましょう。といった

その人にあった保険を見積もることから始めます。

人によって条件や必要な物は違うわけですから、支払い能力や病気なのか?介護が必要なのか?

関連エントリー
Copyright © 2011 おすすめの保険は?無料の保険相談室 . All rights reserved