所得補償保険の詳細について

おすすめの保険は?無料の保険相談室

トップページ > 所得補償保険
所得補償保険
所得補償保険について
わかりやすく解説しています。

この所得補償保険は、いい保険だと思いますね。

これもお勧めで誰がこれを買っていくかというとお医者さんと獣医師さんが買われていきます。

何故かというと、怪我、病気で仕事ができなくなったと働けなくなった時の所得を補ってくれる保険ですね。

どんな入り方をするかというと、「今ご自身の月の所得はどれくらいですか?」と伺って、その範囲内で入ってもらいます。

例えば、月の所得が60万円のお医者さんなら、その範囲で入っておいて怪我とかして生活はできても仕事ができない事になると医療保険や傷害保険では、入院もなくて通院でも週に1回だと全然もらえないですね。

仕事はできないのに給付が受けられないとなると収入が下がってしまうわけです。そういう人の為の保険です。

実際に就業できない日数を、お医者さんに診断書を書いてもらいます。通常、医療保険なんかで出してもらう診断書とは違うわけです。

お医者さんとかは、大変で月々の医療器具とかのリース料やローンの固定費に、もの凄くお金がかかっているわけですよ。

働けないイコール破産が待っているわけですね。

まあ、お医者さんを例に出しましたが、いわゆる自営業の人ですよね。あと稀に主婦の方です。大体、定額を決めておいて

怪我をした時に主婦業が出来ない時に、ヘルパーさんを頼むとか

ただ、デメリットとしては保険料が高いということです。値段はパンフレットに記載されていません。何故なら個別に計算しますから

それと契約期間が1年契約だということがあげられます。

何が違うかというと医療保険とかは、一度入ってしまえば終止ですよね。途中で解約しない限り

所得補償保険の方は、1年1年更新なんです。

どういう事かというと何か支払い事例が発生した時に、2回目2年目以降は継続しないとか切られたり条件がついたりします。

決定権は、保険会社にあるわけですから高い保険料を払っていたとしても権限がきた時に切られてしまいます。

1回切りのところがありますね。軽い怪我とかならまだいいでしょう。けども病気なんかは難しいです。

ガンなんかで請求してしまったら、もう次はないですね。

良い保険は良い保険なんですが、いつまでも使えるわけではないです。どうしてもお金が必要な時に使ったりするでしょうね。

他の職業でいうと飲食店とか開業したばかりのお店とかは、働けなくなった時に家賃でもとかなりますね。

支払い期間は、1年間です。働けなくなった時から365日です。

関連エントリー
Copyright © 2011 おすすめの保険は?無料の保険相談室 . All rights reserved