保険選びの必要性と不安の詳細について

おすすめの保険は?無料の保険相談室

トップページ > 保険選びの必要性と不安
保険選びの必要性と不安

今まで保険のイメージとしてあったのが、保険には入っています。でもいざ何かあった時に、使おうとして「これではつかえません」ということがあったのですが・・・

要るものから順番にニーズを確認して入ってもらうのが主流といいますか、そうあるべきですよね。そういう商談をやっています。

年齢とかも考えた方がいいのですか?若いうちから入ったほうがいいというのは分かるのですが、得でしょうし〜・・・今一どうなのかわからないのですが

要るものは、いつからでも加入できるわけですよね。今まで生活に何も問題なく保険に全く入っていないのであれば、一日でも早い方がいいでしょうけども

そうは言っても、生活を圧迫するような保険料を払っていく必要もありません。固定的な出費になりますから払えなくなるのでは意味がないわけですね。

そういう保険に入る必要はないですし、入るならこういった医療保険のような自分のためになる保険であれば、早いほうがいいでしょうね。

加入するのに遅れてしまうと何が問題かというとお金が掛かるというよりも、年ごとに身体がダメになっていくわけですよ。

運動などをして体を鍛えていれば、まだいいのでしょうけど・・・

そんなに普段運動もしない人だと、まあ40歳を過ぎてくると血糖がダメだとか血圧がアウトとか何かしら出てくるんですよね。

そうすると保険に入れないんですよね。入れないというかもしくは条件が付いて、引受条件といって保険料が高くなったりとか

その部分だけ保険がおりないということもあります。その危険性は年ごとに高くなるでしょうね。

備えるというなら早い方がいいです。年齢だけの問題ではありません。

思っていたのは、貯金の変わりになるのかな?と思っていました。若い時なら保険を使うこともないでしょうし、使わないにこしたことはない、それに何かあっては困るわけですから

保険でする貯蓄という考え方は、以前の保険、平成7,8年辺りの商品というのは、そのまま保険が下りたんですね。まとまったお金が出たんです。

その頃は、バブルの余波が残っていてレートが良かったんですね。払った保険料を期日まで払えば、割らない商品が主流だったんですね。

この頃は、保障もあって〜貯蓄性もあってという言い方をしてました。

貯蓄性といっても100%なのか100%を割るのか、それ以上なのか違ってきますよね。

この辺りを境に100を割るような保険に変わってきているので、お客さんの中で貯蓄を目的にするなら保険ではやらないほうがベターだという選択肢が、その辺りから出てきています。

とは言っても外資系なら徹底的に利回りだけを特化しての保険もあったんですね。その代わり保障がありませんし、期日がきたらお金になるというだけの保険ですね。

保険と一口でいっても目的に合わせて、いろいろあるんです。

医療保険でも、以前の一日入院いくらというのも出初めの時は、「5日目からしか払いません。」となっていたのが「初日から支払われます。」に変わってきたりしてるんですね。

今回の新医療保険は、第3世代の保険になってきているんですが、今、一泊入院が増えてきているんです。

そうすると今までの日額5000円だと、一回入院して5000円払って終わりみたいなことになっていると

毎月保険料は、毎月毎月何千円も払っているのに、これだと割りに遭わないじゃないかとなるんです。

とにかく「一泊入院でも5日分は出します」とだんだん変わってきているんですね。

だから主契約に対して特約で入院が付いているケースというのは、入ったときには一番良い保険でしょうけども

だんだん変わってきて良くなるケースもあるので、そこだけを外してとかいろいろとパターンがあります。

関連エントリー
Copyright © 2011 おすすめの保険は?無料の保険相談室 . All rights reserved